9:00〜18:00
毎週水曜日定休
2017年12月03日
ブログ

不動産売買での登記費用は誰が払う!?

不動産売買で物件の引き渡しと同時に所有権移転登記の申請をしますが、そのときに

発生するのが登記費用です!!

実際に不動産を売却するお客様から質問を受けたのですが、この不動産売買での所有権

移転登記費用は買主さん又は売主さんの誰が負担する(支払う)のでしょうか!?

登記費用は誰持ち!?

不動産を売却するお客様(売主さん)から不動産の契約前に

「売買での登記費用を何とか安くしてもらえないか!?」

と相談があったのですが、果たして売主さんが所有権移転登記費用を支払うのでしょ

うか!?

不動産売買での所有権移転登記申請はたいていの場合、司法書士に登記手続きを

依頼することになります!

通常、所有権移転登記にかかる登記費用(登録免許税及び司法書士への報酬)

買主さんが全額を負担するのが取引上の慣行です!!

この登記費用については売買契約書にも明記されています!!

その為、売主さんが負担するケースはほとんどありません!!

また、借入(住宅ローン)に対する抵当権の設定登記費用などの場合の登記費用なども

やはり買主さんが負担することになります!

話は少し反れますが、司法書士への苦情として「極めて高額な司法書士への報酬を請

求された」が多いらしいです!!

それは大半が登録免許税と報酬額の合計額を「すべて司法書士の報酬」と勘違いし

ているそうです!!

買主さんに提示する明細の中でこれらを区別せず、単に「登記費用」として合計額を

記載していることがその原因かもしれません!

実際に登記費用を支払うときには、請求書あるいは領収書にその明細が記載されてい

るはずなのでそれを十分にご確認下さい!!

報酬は依頼する司法書士によって異なりますが、登録免許税はどの司法書士に

依頼しても動かしようのない決まった金額というのをお忘れなく!!

売主さんが負担するケース!

買主さんに対する所有権移転登記の費用は、買主さんが負担しますので、売主さんが

その費用について考える必要はありませんが、売主さんが登記費用(登録免許税

及び司法書士への報酬など)を負担することがケースがあります!!

〇住所の変更登記(通常は決済時に登記手続きをする)

〇抵当権の抹消登記(従前の住宅ローンに関する抵当権の抹消)

売主さんが登記費用を負担するものとしては、主にこのような場合があります!!

store

会社概要

株式会社アクティバル
arrow_upward