9:00〜18:00
毎週水曜日定休
2018年03月09日
ブログ

不動産売却で価格交渉があった場合は!?

土地や建物を売り出し、価格交渉ありでの申込が入ることがよくあります!!

特に販売を開始してすぐに申し込みがあると、価格交渉の悩みは大きくなります!!

「早く申込が入るのなら、もっと高く売り出した方が良かったのかな!?」

と思ってしまう事もあります!!

少し待った方がいいのか!?

価格交渉での申込があった場合に不動産会社の方で

「次にこのうような条件で申込が入るとは限りません。次を待っていても今回の条件

より悪い可能性があるので、今回で決めた方が良いのではないでしょうか!?」

と言う事があります!

売り急いでいる訳でなく、希望価格で買ってくれる買主さんが現れるまで待ってみる

考えがあれば、不動産会社のアドバイスは適格ではありません!

しかし、「〇ヶ月内に売りたい」など期間が限られている場合には、こうした

不動産会社のアドバイスは的を得た内容だと思います!!

今回よりも高い価格や良い条件で申込をする買主さんが期間内に現れるかどうかはわ

かりません!!

今回の価格で買いたいという買主さんが二度と現れない事だってあります!!

後悔しないためにも!

残念ながら時間をかければ高く売れるとは限りません!!

最初に入ってきた申込が実は1番いい条件だったということが不動産売却では

よくある話です!!

自分の大切な不動産に価格交渉があることは売主さんとしては面白くないかもしれま

せん!

しかし、不動産の取引で価格交渉がないという事の方が珍しいのです!!

また、価格の交渉があると納得するまで時間がかかるかもしれません!

しかし、当初から「価格交渉はあるもの」と頭に入れておけば、実際に価格

交渉があった場合に冷静な判断をすることができると思います!

〇今回の条件で話をまとめるのか!?

〇少しでも高い価格での申込を待つか!?

決めるのはもちろん売主さんご自身です!!

 

それでも

もう少し待っていれば高く売れたかも

〇あの時売っておけば良かったのかも

と、どちらを選んでも決断した事に後悔をしてしまう事もあるかもしれません!!

そのため、売却スケジュール(売却の期間)・売主さんの考え・確実な売却価

格・売却最低価格などの内容を不動産売却のプロである不動産会社と事前に話し

決めておくことが大切です!!

そうすれば、価格交渉で後悔なく不動産の売却ができるはずです!!

store

会社概要

株式会社アクティバル
arrow_upward