9:00〜18:00
毎週水曜日定休
2017年05月28日
ブログ

「買いたい人がいます」や「探しています」など不動産の広告やチラシってどうなの!?

ご自宅に「買いたい人がいます」「探しています!」のような

不動産の広告やチラシが送られて来ませんか!? 

不動産を売りに出しているのに、なかなか売れなくヤキモキしている時に

「こちらのエリアで探しているお客様います!」なんていう

不動産の広告やチラシを見ると、

ついつい「こっちの不動産会社に頼めば決まるのではないか?」

と思ってしまいます!!

しかし、こうした広告やチラシには注意が必要です!!

こんな内容の広告やチラシ!

一例ですが、不動産の広告やチラシに書いてある内容としては

 

①売却をお考えの方、無料査定します!!

②求む!売却不動産!!高値で査定します!!

③〇〇エリアで物件を探しているお客様がいます!!

 〇〇駅徒歩〇分・築〇〇年くらいまでの一戸建てです!

④〇〇マンションを探しているお客様がいます!!

 売却をお考えの方がいればご連絡ください!!

 

このような内容の広告やチラシを見てどう思いますか!?

①と②は売却を考えていなければ目に留まりません!!

それでは③と④はどうでしょうか?

「本当に探している人がいるなら、すぐ買ってもらえるかもしれない」と思って、

広告やチラシをよ~く見たり、不動産会社に連絡したりするかもしれません!!

実際には買いたい人はいないと考える!

不動産会社は売却物件が成約して仲介手数料をもうらう商売です!

売却物件の依頼を受ければ売主さんから仲介手数料を頂きます!

売却物件は商売のネタなので広告やチラシの費用をかけてでも、

売却物件を探そうとします!!

不動産会社の中には「物件を探している人」に物件を見つけることではなく、

自分たちが扱う物件を集めることが目的だということがたまにあります!!

なので、こうした広告やチラシには十分な注意が必要です!!

自分の不動産を売りに出したのに全然売れなかったりしたら

「売却を頼んだ不動産会社に力がないのではないか?」と心配にります!!

そんな矢先にこのうような広告やチラシを見ると、

こっちの方が買いたいお客さんがいる不動産会社なのではないかと期待を持ちます!!

もちろん買いたい人が本当はいないのにいるかのように書くのはダメです!!

多くの場合、実際には買いたい人はいないと考えたほうがよいです!!

それでも全てが作り話だということではありません!!

稀にお客さんが本当にいる場合があります!!

大人気エリアのマンションや住宅地など、そこで売却物件が出たら

すぐに買いたい・検討したいという人がたくさんいるという場合です!!

不動産の広告やチラシを真に受けない!

実際に買いたい人がいるかいないかを見極めるのは難しいので、

いないと断言することはできません!!

しかし、買いたい人がいるならと当てにして売却をお願いしても

実際には買いたい人がいないというケースが多いので、

広告やチラシを真に受けないほうがいいです!

広告やチラシを真に受けて買いたい人がいるかどうかハッキリしないまま

売却の依頼をしてしまい、なかなか売れずに時間の経過と

売却金額を下げることは避けたいです!!

売却物件集めをしようとする不動産会社なのか又は

不動産会社が信頼できるところかどうかをよく検討する必要があります!!

不動産広告物の裏側には様々なねらいがあるのです!!

store

会社概要

株式会社アクティバル
arrow_upward