9:00〜18:00
毎週水曜日定休
2017年11月05日
ブログ

不動産の相続登記をしないことは問題ないのか!?

不動産を相続した場合、相続登記(相続した人への名義変更)をするのが一般的

です!!

しかし、相続登記には費用がかかる為、長期間にわたって相続登記をしない方もいら

っしゃいます!

不動産の相続登記をしないことは問題ないのでしょうか!? 

今回のブログは相続登記をしなかった場合についてお送りします!!

相続登記はしなければいけない!?

よく「不動産を相続したのですが、相続登記は必ずしないといけませんか?」と聞かれ

ます!!

余程の理由がない限り「相続登記はして下さい」とお答えします!!

それは、これまで多くの方から「相続登記をしなかったために大変なことに

なってしまった」といったことが後を絶たないからです!!

相続登記をしないメリットって!?

相続登記をしないメリットは相続登記の費用がかからないだけです!!

相続登記は義務ではないので、そのままで問題なければ相続登記をしなくてもよいの

かもしれません!

しかし、相続登記をしないと色々なトラブルに繋がるので、やはり相続登記をした

方が良いです!!

相続登記をしなかったトラブル事例!

それでは、実際にあったトラブル事例をご紹介します!!

①相続人が多数いた

 最も多いのがこの気付いたら相続人が多数いたというケースです!!

 放っておくと関係者がどんどん増え、中には会ったこともない人も登場することに

 なります!

 相続登記をするためには関係者全員から実印をもらわなければなりません!

 その中に認知症、行方不明や音信不通といった人がいれば、相続登記はほぼ不可能

 となってしまいます!!

②気が変わった

 気が変わったというケースもよくあります!

 相続登記をしようとしていたら今頃になって他の相続人が不動産の半分を欲しいと

 言ってきたのです!

③相続人が他にもいた

 土地を売るために相続登記を司法書士に依頼したところ、戸籍で父に前妻の子が

 いたことが判明しました!

 子は自分だけだと思っていたのに、会ったこともない自分と同じ権利を持つ

 異母兄弟と遺産分割協議をしなければ、相続登記・土地の売却ができないことに

 なってしまったのです!

相続登記はなるべく早めに!

相続登記をしなかったために起こるトラブルは、後から取り返しのつかない大変な事態

に発展することがほとんどです!!

また、共通して言えることは「当時は揉めることなく相続登記ができたがしていなか

ったし、相続人に揉めるような人はいなかった」と安心していた方にこそ起こっている

ということです!!

本人は相続登記せずそのままでも良いと思っていても、思わぬトラブルが起こ

る可能性があります!!

不動産にも絶対はないと思いますので、相続登記はなるべく早めにして下さい!!

store

会社概要

株式会社アクティバル
arrow_upward