9:00〜18:00
毎週水曜日定休
2020年05月23日
ブログ

隣人から土地を少し譲ってほしい(土地の一部を売ってほしい)と言われたケース ~不動産売却での事例63~

以前、売地(更地の土地)のお隣さんから、

「うちの敷地が狭いから売りに出ている土地の少しを譲ってほしい(土地の一部を売ってほしい)」

と言われたことがありました。

土地の一部を売ってほしい

当社が売却を頼まれた売地(更地の土地)がありました。

ある時、その売地のお隣さんから連絡があったのです。

隣人「〇〇町の〇〇です。売りに出てる〇〇町の土地の隣の者です。隣の土地ですが、少しでいいので譲ってもらえませんか?敷地が狭くて困っているところに隣が売りに出たので、10坪ぐらい売ってほしいのですが。なるべく安くお願いします。」

お隣さんは、現状20坪の敷地を10坪増やしたいそうなのです。

なお、売りに出している土地の広さは30坪です。

10坪を売ってしまうと売地の面積が20坪になってしまいます。

アクティバル「難しい話だと思いますが、売主さんに聞いてみます。」

売主の返答

売主「土地の一部を売ってほしい??今の土地が30坪だから10坪減ると20坪か。しかも安くなんて。まぁ、売る気は一切ないからお隣さんには断ってよ。」

案の定、売主さんは売らないと答えました。

ただ、まだ売却が終わっていないこともあり、今後お隣さんと近隣トラブル(売却の支障)にならないように、柔らかく断りました。

この後、この土地に(お隣さんとは別の)買主さんが現れ、買主さんに土地全部(30坪)を売却することができました。

土地の一部の売買には

お隣の土地を少しだけほしいと思っている人がいるかと思います。

土地の一部を売買する場合、土地を分割して(分筆登記)、名義を変更する(売買の所有権移転登記)手続きをする必要があります。

これらの手続きをしないと、後々トラブルになることがあります。

売主さんも買主さんも土地の一部を売買するには、土地の売買金額だけではなく、これらの費用もかかるのです。

store

会社概要

株式会社アクティバル
arrow_upward