9:00〜18:00
毎週水曜日定休
2020年06月06日
ブログ

登記識別情報のシールが剥がれない!? ~実際にあった不動産の相談事例③~

登記識別情報には、12桁のパスワードが記載されており、そのパスワードの上にシールが貼られています。

そのシールについて、「登記識別情報のシールが剥がれないので、うまく剥がせる方法を教えて下さい」という相談がありました。

登記識別情報のシール

不動産の登記名義人となった際に法務局から交付されるA4の紙、登記識別情報には、一部分だけシールが貼られています。

このシールの中には12桁のパスワードのようなものがあります。

このパスワードを使うのは、不動産を売却する時などで、普段使うことは、ほとんどありません。

そのため、不動産を売却しない場合は1度もシールを剥がさないこともあるかと思います。

なお、登記識別情報には、緑色のシールが貼ってありますが、このシールは1度剥がしてしまうと2度と貼れないようになっていますので、注意が必要です。

※登記識別情報の実物写真がなくて、すみません。

シールが全然剥がれない?

以前、当社に相談の電話がありました。

Kさん「ちょっとお聞きしたい事があるのですが。不動産の登記識別情報ってありますよね?あの登記識別情報のシールが全然剥がれないのですが、うまく剥がせる方法はあるのですか?」

アクティバル「その前にシールを1度剥がすと貼れませんが、大丈夫ですか?」

Kさん「大丈夫です。この中身(パスワード)を見る必要があってシールを剥がしたいのです。」

不動産売買では、売主さんが持っている登記識別情報をよく目にしますが、実際に(目隠し)シールを剥がしたことはありません。

そのため、

アクティバル「司法書士の先生に聞いて確認します。」

登記識別情報のシールの剥がし方?

アクティバル「先生、登記識別情報のシールのうまい剥がし方はありますか?」

司法書士K先生「平成20年前後に発行された登記識別情報は、シールが剥がれないようにできていて、うまく剥がれないことがあります。前に法務局で聞いたのですが、うまく剥がれない時は、アイロンや蒸気などをシールにあてると剥がれるみたいですよ。」

アクティバル「そうなのですか。それでも剥がれなかった場合はどうすれば、いいのですか?」

司法書士K先生「登記識別情報のシールがアイロンでも、うまく剥がせない場合には、登記識別情報を法務局に持って行って相談した方が良いです。」

アクティバル「最近のは、うまく剥がれるのですか?」

司法書士K先生「今の登記識別情報は、改良されて、そのような剥がれにくいことはなくなりました。」

アクティバル「先生、ありがとうございました。」

シールが簡単に剥がれてしまうのも困りますが、剥がれないのも困ります。

登記識別情報を利用する予定がなければ、登記識別情報のシールは無理に剥がさないことです。

store

会社概要

株式会社アクティバル
arrow_upward