9:00〜18:00
毎週水曜日定休
2020年04月11日
ブログ

売地(更地)への不法投棄があったケース ~不動産売却での事例59~

空き地となっているような土地(更地)には、雑草が生えたり、ゴミを不法投棄される事があります。

実際にあったのですが、売却する土地(更地)にゴミが不法投棄されていたケースがありました。

雑草と不法投棄

土地(更地)を売りに出す場合、「もう売るわけだから手入れをしなくてもいい」と思うかもしれません。

しかし、土地(更地)をそのままにすると雑草が生い茂ったりゴミが不法投棄されたりする事があります。

雑草が生え放題になってしまうと、人目につきにくく、ゴミが不法投棄されやすくなるのです。

不法投棄されたゴミなどは土地の所有者が処分することになり、処分には費用がかかります。

売地に不法投棄

長年更地の状態で土地を所有してた売主Yさん。

売主Yさんは、この土地に雑草がよく生えることは知っていたため、毎年除草は専門の業者に頼んでいました。

そして、この土地を売却することになった時、当社が現地を確認していると、土地にはコンクリートやタイヤなどのゴミが捨てられていたのです。

いつかはわかりませんが、不法投棄されたようです。

売主Yさんは、遠方に住んでいて、この土地の状況までは全て把握してなく、ゴミを不法投棄されているとは知らなかったそうです。

不法投棄されたゴミの写真を売主さんに見せると、とても驚いていました。

売主Yさんは、これらのゴミを当社が紹介した処分業者に頼んで、何とか安い費用で処分することができました。

ゴミの量がそこまで多くなかったので、費用はかかりましたが、大きな問題とはなりませんでした。

store

会社概要

株式会社アクティバル
arrow_upward